成績概況

【web講座!2016】社会福祉士・精神保健福祉士国家試験【合格のつぼ】

平成27年度に実施した社養協・精養協主催の全国統一模擬試験の結果を分析し、データに基づき、苦手科目や注意する点を解説したものです。
(本映像は、平成27年12月に公開した映像を平成28年用に再編集したものです。)
本年度も模擬試験終了後の12月に再度編集したものを公開する予定です。
模擬試験受験前や試験勉強の計画を立てるときなどに一度ご覧ください。
映像内容 1.個人成績表の正しい見方
2.データ分析による、これからの勉強法と国試での注意事項
3.合格に向けて
★スペシャル特典おまけ映像つき
視聴時間 約17分
視聴料金 無料(youtube)
企画 日本社会福祉士養成校協会 国家試験合格支援委員会 潮谷有二(長崎純心大学)・岡崎幸友(吉備国際大学)・清水正美(城西国際大学)・添田正揮(川崎医療福祉大学)・與那嶺司(神戸女学院大学)・渡辺裕一(武蔵野大学)

本年度全国統一模擬試験における正答の取り扱いについて

平成29年1月24日
一般社団法人日本社会福祉士養成校協会
一般社団法人日本精神保健福祉士養成校協会
お詫びと訂正
【精神専門科目】精神保健福祉の理論と相談援助の展開 問題126(29頁)/正答・解説集(23頁)
【採点上の取扱い】
選択肢1も正答とする。 ※本問題の加点は、成績集計後に判明したため、成績表に反映しない。
【理由】
選択肢1については、適切。
選択肢2については、適切。
選択肢3については、適切。
選択肢4については、誤り。
選択肢5については、誤り。
【「正答・解説集」の修正について】
1 適切。アイゼンクは,これまでの不適切な学習によって生じた神経症を行動の制御を行う治療法によって改善しようと試みた。行動療法におけるターゲットとすべきものは,客観的に測定可能な「行動」であり,目標とすべきは,望ましいあるいは望ましくない行動の「強化」や「弱化」といった行動の制御を行うことである。パーソナリティ研究の分野で活躍し,1975年にアイゼンク性格検査を考案した。また,精神分析のような原因探求や来談者(クライエント)中心療法のような受容的な支持療法とは一線を画する治療法である。SSTは行動療法の影響を受けており、対人関係をテーマにした基本訓練の中には認知に関係なく、「相手の顔を見て話すことができない」課題について「相手の鼻を見て話す」ことの提案を受けるなど、行動変容が中心の課題も多く扱われる。 (『精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ』中央法規出版,p.200)
 
【精神専門科目】精神保健の課題と支援
問題 96(7 頁)/正答解説集(7 頁)
【採点上の取扱い】
正答の選択肢文言に誤りがあったため 、全員に加点する。 ※本問題の加点は、成績集計・表に反映する。
【理由】
選択肢1については、誤り。
選択肢2については、誤り。
選択肢3については、誤り。
選択肢4については、誤り。(※)
選択肢5については、誤り。
※選択肢4は、「平成26年度児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の速報値の数値(平成27年9月)で問題を作成しているため、最終の調査報告確定値(平成28年3月)との数値に不一致が生じている。
【「正答・解説集」の修正について】
3 誤り。「文部科学省の調査」によると,2012年度(平成24年度)以降,小・中学校における不登校児童生徒の割合は増加傾向にある。なお,2014年度(平成26年度)の小・中学校における不登校児童生徒の割合は小学校0.39%(255人に1人),中学校2.76%(36人に1人)である。 (文部科学省「平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の確定値の公表について」(http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/03/1367737.htm))
4 誤り。「文部科学省の調査」によると,2014年度(平成26年度),小・中・高等学校から報告のあった自殺した児童生徒数は232人である。また,学年別の児童生徒の自殺状況は,高等学校で多くなっている。
【本問題の訂正に係わる補足説明について】
本問題の選択肢4は「「文部科学省の調査」によると,小・中・高等学校から報告のあった自殺した児童生徒数は230人である。」とあるが、本来の国家試験を想定した場合の文言は「「文部科学省の調査」によると,小・中・高等学校から報告のあった自殺した児童生徒数は230人を超えている。」等の設問が適切であった。
 
【精神専門科目】精神障害者の生活支援システム
問題 157(53 頁)/正答解説集(37 頁)
【採点上の取扱い】
すべての選択肢が誤りであったため、全員に加点する。
※本問題の加点は、成績集計・成績表に反映する。
【理由】
選択肢1については、誤り。(※)
選択肢2については、誤り。
選択肢3については、誤り。
選択肢4については、誤り。
選択肢5については、誤り。
※選択肢1の数値が「約70万人」とあるが、実際の数値は「約80万人」のため、すべての選択肢が誤りとなる。
【「正答・解説集」の追加について】
1 誤り。2014年度(平成26年度)の精神障害者保健福祉手帳交付者の総数は,80万3653人で,年々増加傾向にある。そのうち,最も多いのは2級の交付者で48万8121人,次に3級の交付者が20万6975人,最も少ないのが1級の交付者で10万8557人である。(厚生労働省「平成26年度衛生行政報告例」(http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei_houkoku/14/dl/kekka1.pdf))
 
 
【精神専門科目】精神保健福祉に関する制度とサービス 正答・解説集(34頁)
「正答・解説集」の誤字を以下のとおり修正する。
「精神保健福祉に関する制度とサービス」問題150:選択肢4
[原文] 4 誤り。検察官による申立てが行われると,地方裁判所は裁判官1名と精神保健審判員1名からなる合議体を構成する。精神保健審判員は,家庭裁判所によって事件ごとに,養成研修会を受講した精神科医が登録した名簿の中から任命される。(後略)
[修正] 4 誤り。検察官による申立てが行われると,地方裁判所は裁判官1名と精神保健審判員1名からなる合議体を構成する。精神保健審判員は,地方裁判所によって事件ごとに,養成研修会を受講した精神科医が登録した名簿の中から任命される。(後略)
 
 
【精神専門科目】精神保健の課題と支援 正答・解説集(6頁)
「正答・解説集」の誤字を以下のとおり修正する。
「精神保健の課題と支援」問題94:選択肢1
[原文] 1 (前略)マタニティーブルーは,出産後4,5日目から出現し,涙もろさ, 抑うつ気分,不安などの軽い抑うつ状態が2か月程度続くことが多い。(後略)
[修正] 1 (前略)マタニティーブルーは,出産後4,5日目から出現し,涙もろさ, 抑うつ気分,不安などの軽い抑うつ状態が1週間程度続くことが多い。(後略)
 
【精神専門科目】精神保健福祉の理論と相談援助の展開 正答・解説集(24頁)
「正答・解説集」の正確性を担保するために以下のとおり修正する。
「精神保健福祉の理論と相談援助の展開」問題128:選択肢1
[原文] 1 適切でない。家族心理教育とは慢性疾患など継続した問題を抱える人に対して行われる教育的な支援法の一つである。①疾病や障害について正しい知識の習得や最新の情報の共有,②疾病や障害から派生する日常的なストレスへの対処技能の獲得,③参加者間の社会的ネットワークの強化,を基本として教育プログラムが組み立てられている。 (『精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ』中央法規出版,p.217)
[修正] 1 適切でない。家族心理教育とは慢性疾患など継続した問題を抱える人に対して行われる教育的な支援法の一つである。①疾病や障害について正しい知識の習得や最新の情報の共有,②疾病や障害から派生する日常的なストレスへの対処技能の獲得,③参加者間の社会的ネットワークの強化,の3点を基本構造として教育プログラムが組み立てられている。疾病や障害について正しい知識の習得や最新の情報の共有だけが目的ではない。(『精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ』中央法規出版,p.217)
 
【共通科目】地域福祉の理論と方法 正答・解説集(20頁)
「地域福祉の理論と方法」問題 40:選択肢1
[原文] 1 誤り。世界で最初のセルツメントは,(中略)最初のセルツメントだといわれている。
[修正] 1 誤り。世界で最初のセツルメントは,(中略)最初のセツルメントだといわれている。
内容を訂正すると共に、皆様にご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます。今後新たに訂正等が判明した場合は、本ホームページに掲載いたします。

受験申込

申込期間は終了しました.
受付期間 ※申し込み受付期間は終了しました.
試験内容 ・社会福祉士,精神保健福祉士共通科目(11科目)
・社会福祉士専門科目(8科目)
・精神保健福祉士専門科目(6科目)
※「共通科目のみ」は実施しません.
受験対象 両協会会員校の在学生及び既卒者(ご自身の在籍校・出身校でのみ受験が可能)
受験料
社会福祉士専門科目+共通科目 (A) 6,700 円(税込)
専門科目のみ(社会福祉士) (C) 4,600 円(税込)
精神保健福祉士専門科目+共通科目 (Q) 6,700 円(税込)
専門科目のみ(精神保健福祉士) (P) 4,600 円(税込)
同時受験(社会福祉士+精神保健福祉士+共通科目)(W) 11,300 円(税込)
試験概要
個人成績表 自分の弱点が一目でわかる詳細な成績表が一人一人に届きます.個人成績表サンプル
同時申込特典 模擬試験と同時に,「国家試験受験対策 web 講座」テキスト を予約購入する場合は, 割引価格 1 冊 2,900 円(通常 3,900 円)で販売します. ※「在宅受験」は対象外
Q&A ご不明な点は下記Q&Aをご参照ください.その他に関する事項は「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください.

会員校向け:実施意向調査

※web回答による実施意向調査は終了しました。不明の点は実施事務局までお問い合わせください.
 

模擬試験のお申込み,お問い合わせ

全国統一模擬試験実施事務局
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル2階(株)ワールドプランニング内
TEL:03-5206-7445 FAX:03-5206-7747

協会に関するお問い合わせ

一般社団法人日本社会福祉士養成校協会
〒108-0075 東京都港区港南4丁目7番8号 都漁連水産会館6階
TEL 03-5495-7242 FAX 03-5495-7219

一般社団法人精神保健福祉士養成校協会
〒108-0075 東京都港区港南4丁目7番8号 都漁連水産会館6階 社養協内
TEL 03-5495-7595 FAX 03-5495-7596

 

 

TOPページに戻る

jascswをフォローしましょう
jascpswをフォローしましょう